借金の一種であるカードローンは便利である反面、利用の仕方を間違えると、生活のピンチを乗り越えるどころかさらなる泥沼にハマりかねない恐ろしさがあります。カードローンで失敗しないよう初心者がまず気をつけるべきことをまとめてみました。

カードローンの審査を通すコツ

いざという時に頼りになるカードローンですが、審査を通すにはコツがあるので、申込みのときになって慌てないように、傾向と対策を確認しておくことをおすすめします。ここでは、銀行系・消費者金融系どちらのカードローンでも役に立つノウハウをご紹介します。

カードローン審査はインターネット申し込みが狙い目!

最近のカードローンの多くは銀行も含めてインターネット申し込みに対応しています。ネットで手続きをしてから来店契約するタイプもありますが、主流はネット完結できるタイプです。一度も来店することなく契約・…

続きを読む...

カードローン審査は収入に見合った額で申し込もう!

カードローンの申し込みを行う場合、まとまった金額で申し込みをする場合でも、毎月の返済額は幾らであれば楽に返すことが出来るのかを考えておく必要があります。例えば、毎月15,000円の返済であれば収入…

続きを読む...

カードローン審査では所得証明が通過のポイント!

利用者の返済能力をチェック

カードローンは、非常に便利な個人向け金融商品です。住宅ローンやカーローンなどと異なり原則として使途が自由であるため、冠婚葬祭や習い事の費用、日常の生活費などに幅広く使えます。 また、最短で申し込んだその日のうちに借入れができるなど、使い勝手の良さも魅力です。これは、担保や保証人が原則不要なため、審査が短期間で済むというのが背景となっています。 ところで、担保や保証人が要らないとなると、ではカードローン会社はどのように返済能力を審査するのかというと、これは本人の収入をチェックすることで判断します。そのため、申込の際には所得を証明する書類が必要です。所得証明書類は、利用可能額を算定する際に非常に重要な書類となります。

どんな書類が必要なのか?

消費者金融会社などの貸金業者がカードローンの貸出しを行う際は、総量規制という法律上の規制を受けます。これは、「貸付金額の総額が本人の年収の3分の1を超えてはならない」というものです。そのため、借入額が特例的に少額の場合を除いては、利用申込みの際には所得証明を提出することが必須となっています。 では、具体的にどのような書類が所得証明書類として認められるかというと、詳細はカードローン会社ごとに異なりますが、代表的なものとしては勤務先から交付される源泉徴収票や給与明細、あるいは確定申告書の控えなどがあります。 なお、家賃収入や株式の配当収入なども、それが一時的なものでなく継続性や安定性のあるものであれば、年収の中に含まれます。給与所得の他にそうした所得がある時は、それらを証明する書類を合わせて提出することで利用限度額が増額される可能性があります。

カードローンを上手に返済するコツ

カードローンの返済はオトクな元金均等方式を選ぶべし!

カードローンを使えば現金を確保できますが、期日までに返す義務も発生します。返済方式がいくつか用意されていて元金均等方式や元利定額方式といったものが用意されているのが特徴です。返済を効率よく済ますに…

続きを読む...

カードローンの返済は期日を守ることが何より大事!

カードローンは申し込み方法も簡単で、専用のカードで好きな時に借り入れや返済ができるのはとても便利です。そして、お金を借りた場合はその返済が必要ですので、返済期日はしっかりと守るようにしましょう。返…

続きを読む...

カードローンの返済に限界を感じたら債務整理の活用も考えよう!

カードローンは限度額の範囲内で何度も借りられるのが便利ですが、それゆえにいつまでも完済できないと悩む人も少なくありません。そして限度額だけでは足りなくなり、複数の業者から借り入れをしている人もあり…

続きを読む...

カードローン、利用は計画的に

カードローンは、銀行などの金融機関が提供する消費者金融サービスで、申請時に設定した限度額まで、カードを使いATMなどの自動支払機を通して、何度でも借入できます。